スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 | |
うにの経過
今回、うにの入院は4日間。
輸液の効果は入院2日目に現れたので、2日目の朝から元気な姿が
見られました。 入院中のうには元気になると、入院室のうにのケージの
世話をして下さる方や、先生、面会に行った時の私・・・と、多分誰に対しても
喉を鳴らして顔と体を摺り寄せて、すごくご機嫌さんなんです。

どちらかと言えば、うには人間が好きで愛想の良い猫なんですが、家では
そんなに機嫌が良い事って、あまりありません。
そうそう、病院では、ごはんもモリモリ食べてるしね。

そんなうになんですが、退院すると、病院でのテンションの高さは嘘の様なんです。
体調が悪いのか?って位、テンション低いし、食も細い(´`)
病院や先生達が恋しいのか?具合が悪いのか?の判断がつけにくいんですよね^^;

まぁ、入院中は輸液の効果でモリモリ元気&食欲も湧いてくるのかもしれません。
チューブで繋がれてケージの中で過ごしてると、ケージに近付いてくれる人を
待ってるのがうにの楽しみだったかもしれません。

416-1_20100416213542.jpg 

退院した日のうに。

1回目のケトアシドーシスを発病してから、塩味の食べ物に反応します。
ポテチとかフライドポテトとか。
うには、食にはあまり欲が無いのですが、塩味のジャンクフードには
目の色を変えます。 ダメなんですけど、少しだけあげてます。。。^^;
うにが、食べ物を欲しがるのが珍しい事と、食が細くなったので、食欲を
取り戻すキッカケにならないかと思って・・・。
量も微量ですし、たまに・・・です。

今回、2度目のケトアシドーシスで、「もしや塩味の食べ物が原因か??」って
思ったのですが、先生に尋ねたら、「そんなに少量なら問題ない」との事でした。
上の写真で右は、まさにポテチに食い付くうにです^^;

今日は退院後の最初の検査でした。
血糖値が少し高めだったのでインスリンの量を増やす様に指示されました。
入院初日より、体重が150グラム増。
そして、上記にも挙げた様な事(病院ではテンション高いが家では低い。食が細い)
などを先生に相談しました。
すると先生が、「うにちゃん、何か食べるか~?」って言って、入院中のうにの
食い付きが良かったウエットフードを与えてくれました。
まぁ、モリモリと食べること食べること^^;
私、密かに思ってた事があったんです。。。

1.うには歯槽膿漏である
2.うには老化で臭覚が衰えた

その為に食が細いんじゃないか?って。
でも、違った様です(笑)

与えてくれたウエットフードの銘柄を尋ねると、「療養食じゃないから、勧めたら
ダメなんだろうけど、その辺で売ってるヤツです」と一缶分けてくれました。
ウチで与えてるフードが好みじゃないかもしれないし、うにが好むフードに変えて
まずは体重を増やしていかないと。。。

416-2_20100416213541.jpg 
病院で先生に会って、美味しいご飯を貰って満足そう?
晩ご飯に貰ったウエットフードを与えたら、モリモリ食べてました。
明日、買いに行こ・・・。

家では、一人がいいみたいで、誰も居ない部屋で寝て過ごしてます。
他の子もそういうのって察知するんですよね。
うにが横になってると必ず、イオリちゃんかきなこが添い寝するのですが、
誰も近付かないんですよ。そういうのを見てると、やっぱり、うには本調子じゃ
無いのかな~って思いますが、マメに通院してクリアーして行かなきゃね。

お世話になってる病院の先生夫婦が、うにの事を凄く気に入ってくれてるんです。
私が言うのもなんですが、院内でも うにって人気があるみたいで・・・^^;
うにが病院に来た時の先生夫婦の反応も微笑ましくて好きだったりします^^
今日も、先生に「うにちゃん、いつでもおいでよ」ってナデナデされてました♪

そうそう。
実は、うにが入院する前に我が家にはもう一つ問題がありました。
きなこの尿が出ない(><)
きなこを病院に連れて行かなきゃな~って思ってた時に、うにが病気になったもので
うにが先に病院行きになってしまいました。
きなこは、尿は出てないけど(全く出ない訳ではない)体調を崩すまでの状態では
無かったので、投薬治療をお願いしました。前回も投薬で治ったので。
今日は「おしっこ出な~い」って騒いでないので、薬が効き始めたかな・・・。良かった^^

こんなに長い記事にするつもりは無かったんだけど、気付けば色々と書き連ねてました。
「なげーよっ!!」って思いながらも、ここまで読んで下さってありがとうございます^^

以下、覚え書き。

2010.4.11~4.14 ケトアシドーシス入院
内容単価数量金額
再診料7001700
入院料 ~15kg300039000
入院時ノミ処置20kgまで100011000
血管確保200012000
静脈内輸液<20kg/1日>2500410,000
入院処置料<10kg IV3薬剤以下>100011000
注射薬価 KCL30041200
注射薬価 P30041200
注射薬価 Glu30041200
インシュリン注射(1日)100044000
血液一般検査180011800
血液生化学検査(1頁目)400239200
電解質検査(Na/K/Cl )80043200
尿検査(定性・半定量)8001800
ゼナキル(25) きなこ分20071400
インシュリンシリンジ(7本入り)3501350
税込み金額50,450円


スポンサーサイト
|うに闘病生活 | comment(6) | trackback(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。