スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 | |
うにの検査8/11 夜間診療に思うこと

811-1_20090811195605.jpg 

前回の記事を読んで下さった皆さんから、励ましの温かいコメントやメールを頂きました。
皆さんのにコメントやメールを読んでると、私と同じ様に悩み考えてくれた事が伝わり、
本当に有難い事だと思いました。思ってる事を文章にするのも難しく、頭を捻りますし、
その為に掛る時間も相当だと思います(私がそうなので^^;)
本当にありがとうございました。

今日は、深夜の急変以来の病院でした。
病院が盆休みに入る前に血糖値を測る事になっていたのです。
インスリン注射を毎日してるのですが、インスリンの量は注射器の目盛りで1,8の分量でした。
低血糖で容態が急変した後は、1.5に減らすことになりました。
「また低血糖になって、夜中にてんかんを起こしたら・・・」と思うと、気持ち1,5より少なくしてしまう私。
今朝はなんとなくなのですが、
言われてた1,5ではなく、1の目盛りの分量で注射をしました。

朝のインスリン注射から7時間後に病院で血糖値を測って貰ったら、90でした。
90って正常値なんです。 糖尿病でインスリン注射してる子は、たいてい250くらいなんですって。
それぐらいの数値じゃないと、夜も注射を打つのですから、怖いですよね^^;
「この子は、インスリン注射じゃなくて、薬で治療出来るかもしれませんね~」と先生。
でも、「盆休みの間にインスリン無しはちょっと怖いので、今日の夜、目盛り1で注射して、明日の朝
インスリンを打つ前に、もう1度血糖値を測らせて下さい」との事でした。
明日の朝の血糖値によっては、インスリン注射から薬の服用になるかも?!


811-2_20090811195606.jpg 

糖尿病と分かる前から不調だったうに。
かれこれ、1ヶ月近く「なんとなく元気が無い」って言う状態だった事になるのですが、昨日辺りから
うにに変化がありました。
今までは無関心・・・そう!無関心だったのです、食べ物にも他の猫にも何事にも。
それが、食べ物のおねだりをする様になりましたし、袋の音がすると食べ物だと思って、鳴いて
催促する様になりました。そういう時の目ってキラキラしてますよね^^
不調の時は、周りが何をしてても無関心で横になってて、顔にも精気が無かったのですが、
今は顔にも表情があり、周りの事も見ていますし、暫らく登ってなかった高い場所へも登る様に^^
こういう少しの変化でも、嬉しくて、微笑ましく うにを目で追ってしまいます。


811-3_20090811195606.jpg 

↑リンのベッドだけど、うにのお気に入りの場所です。
(その割りにはみ出してるけど)

前回の記事で夜間診療・時間外診察の事に触れたのですが、それについて思う事を
続きでUPしました。 長くなると思うので記事はたたんでます。
(続きは下の広告の右下のmoreよりお願いします)

以下覚え書き

2009年8月11日(火)

内容単価数量金額
再診料700円1700円
血液生化学検査400円1400円
    
総合計  1160円

スポンサーサイト

 more...

|うに闘病生活 | comment(6) | trackback(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。