スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 | |
花いっぱいの淡路島 後編

512-1_20090512100519.jpg 

淡路島日帰り旅行の後半は、あわじ花さじきからもさほど遠くない
「淡路島国営明石海峡公園」レポから。

512-2_20090512100520.jpg 

実は、この記事のUP作業は2度目~(・´з`・)
画像がUPしづらくなったので、1度下書き保存して回線を繋ぎ直そうとしたのですが、
「下書き保存」したにも関わらず、全く保存されてなかった。いや、正確に言えば、
タイトルだけ保存されていた。 しかもFC2、自動保存機能ありませんでしたっけ~(`∇´)
それも機能してなかった。ヒドイ話や。

気をとりなおして、「淡路島国営明石海峡公園」は10年ほど前?に開催された花博の跡地。
入場料は大人400円。

512-3_20090512100520.jpg 

広い敷地に、どこから攻めようか?って悩んでしまう位でした(笑)
チューリップの時期なら、もっと華やかだったのかもしれませんが、
チューリップが終わった公園でも充分に楽しめました。

512-4_20090512100520.jpg 

だってね・・・。私の好きなアネモネもあったのだ。
ブルーからパープルでアレンジした花壇は神秘的ですね。
リンさんは淡路についてからモデルさんばかりでウンザリ(笑)
リンの写真が少ないけど、それは上手に撮れてなかったからで、実際にリンがモデルをした回数は
確かにくたびれてしまう程かも^^; ごめんねリンさん。

512-5_20090512100520.jpg 

チューリップが終わった後の見せ場はココじゃないかなぁ?
陽だまりの丘のリビングストンデージー。

ビビットカラーのお花畑が遠くからでも目立ってて、吸い寄せられるように足が向かいましたよ。
(と、一度、ここで記事を保存してみる。 ↓の写真UPでおかしくなったから)

512-6_20090512100520.jpg 

リビングストンデージー。
そんなかっちょいい名前があったんだね。
このお花、小さい時によく見たな~(´▽`)
玄関の軒先に植えてるお宅が結構あったような・・・。
私の中ではダサイお花・・・の部類なんだけど(好きな方スミマセン)
群集になるとこのお花の魅力が充分に引き出されるのですね。
一見、個性の強い個々の色も、こうなると文句無く綺麗です。

花屋で見かけたら、淡路島を思い浮かべるだろうなぁ~。

そして、気付けばもう5時前・・・。
暗くなる前に次の場所に向かわなければ・・・。
と、向かった先は。

512-7_20090512100630.jpg 

淡路島に来たら、橋が見えるスポットは外せないですよね。
橋の真下の道の駅。「道の駅あわじ」
私もY子ちゃんも個人行動で橋の撮影に夢中!

512-8_20090512100631.jpg 

旦那さんは花より団子。
お店で買い物してる姿を発見~189
イカの姿焼きとビール(正確には発泡酒)を少し貰いました*´m`)
イカの姿焼きって美味しいですよね~。ゲソは嫌いなんだけど。

512-9.jpg 

楽しい淡路旅行でした。
運転手のY子ちゃん、お疲れ様^^
新潟から6時間掛けて運転して来た人に次の日の淡路旅行の運転をさせる私(笑)
Y子ちゃんにしたら、まさか自分が淡路島に行くなんて思ってもみなかっただろうね~。

512-10.jpg 


淡路島から本州向きの明石海峡大橋。
この景色が好きです。夜だったら綺麗だったろうな~。
私たちが今回行った場所は淡路島に上陸して、すぐ傍の地域(淡路島の北部)なんです。
淡路島を南下すると、色んなお店もあるみたいですね。鳴門海峡もあるし・・・。
私、鳴門海峡に行きたかったので、次回は鳴門海峡と讃岐うどんツアーを計画しようかな。

淡路島は今回で終わり。
でも、GWのお出掛け日記はまだ続きまーす。

スポンサーサイト
|カフェ(ワンコ) | comment(10) | trackback(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。