スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 | |
咳・・・その後

826-1.jpg 

昨日の日記でコメントを頂いた方はじめ、ご心配頂き
ありがとうございました。
昨日のうちにUPする予定でしたがPC開けたまま寝てしまいました。

リンの診察の結果、「気管支炎」でした。
私の中では絶対に「気管虚脱」だと思ってたのですが、
レントゲンを撮り終えた先生から言われ言葉は「風邪ですね」の
意外な一言。

「風邪」って寝冷えしたり、湯冷めしたり、雨に打たれたりした時に
患うものだと言うイメージが強く、リンが風邪をひく様な要因が
あったかどうか、私には見当つかず、腑に落ちない部分もあり
先生に「気管が狭くなる病気があると聞いたのですが?」と
尋ねると「気管は狭くなってません。気管虚脱ではないです」との事。

「風邪って、どういう時に患うのですか?」と、先生に尋ねてみました。
「乾燥と汚れた空気ですね。人間も同じだけど、普通に呼吸してると
空気中の細菌やバイキンを吸い込んでしまって、抵抗力が弱いと
それが原因で風邪をひいてしまうんです。人間みたいに、常に潤っていれば
(←多分、喉が)問題ないのですけど。 でも、どんなワンちゃんでも
大なり小なり、気管支炎は患っている状態だし、外飼いの子は特に
そんな状態ですよ。 大抵は自然治癒で治ってます」

う~ん、あまり気にする事でもない症状なのに病院に来てしまったらしい?絵文字名を入力してください

「健康な子なら気管支炎は自然治癒するって事ですが、自然治癒
出来ないで、放っておいたらどうなりますか?」と、更に聞いてみる。

「肺炎になりますね。肺炎になると危険な状態です」
これを聞いて、やっぱり病院に来たのは正解だった!と自分を
無理矢理なだめてみる(笑)
帰宅してネットで調べてみると、気管支炎でも酷くなると、
喉を触るだけで痛がったり、呼吸困難に陥ったりするってあったので、
やっぱり、様子がおかしいな?って思ったら先生に相談するのは
私の中ではベストな方法かな~?って思うんですが。

826-2.jpg 

気管の炎症を抑える薬と、気管の通りをよくする薬を
処方して貰って帰って来ました。

でも、この日、家に帰ってから、ヘルニアの症状が出てしまって、
病院帰りなのに、また病院??って出来事もあったのですが、
しばらくすると痛みがなくなったようなので、コチラは安静で様子見です。

*リン 病院メモ*

2008.8.25 気管支炎 
再診料700円
単純X線検査3500円
ネオフィリン200円
アンチローブ25800円
合計(税込み)5460円

スポンサーサイト
|病院 | comment(6) | trackback(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。