スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 | |
新潟へ☆ 1日目 その1

811-1.jpg 

7日(木)夕方の6時に帰省の為、新潟は長岡市へ向けて出発!
新潟県は富山県よりから上越・中越・下越、そして佐渡エリアに分けられます。
旦那さんの実家がある長岡市は中越エリアで新潟県の真ん中に位置します。

長岡市と言えば・・・
2004年の新潟県中越地震(長岡市は震度6)。 
甚大な被害を受け、映画「マリと子犬の物語」の舞台としても知られる
山古志村は翌年、長岡市に編入。

花火王国として有名であり信濃川で開催される花火は有名。
元内閣総理大臣 田中角栄の影響が濃い地域でもある。
また小泉元総理がよく引用した「米百俵の精神」は長岡藩士
小林虎三郎の思想である。

・・・以上、長岡市ひとくちメモでした。


そんなグレイトな長岡へは深夜の12時半に到着。
6時間半の長~い道のり。
この日は明け方の3時くらいに就寝し、私は7時に起床!
まずは、リンとご近所散歩。

811-2.jpg 

↑散歩から戻って来たところを撮影。
旦那さんの実家の敷地への入口です。
リンも場所を覚えてるらしくて、先頭きってココへ戻って来るのです。
滞在中、旦那さんも2度ほどリンと散歩したらしく、リンが場所を
覚えてる事に驚いていました^^

811-3.jpg 

実家の庭にある御用松(五葉松) 
冬になると、雪が降る前に家族総出で御用松はじめ、庭の木に
雪囲いをするのです。雪国ならではの行事ですね。

811-4.jpg 

旦那さんの実家に住み着いている野良猫たち。
全部で5~6匹は居たような気がします。
お義父さんが、毎日、ごはんあげたり、猫トイレの掃除をしていました。
この子達は、何代目の野良猫かな^^;
と、言うのも、来るたびに面子が変わっているのです。
シーズンになって遠くへ行ってしまう子、他に居場所を見つけた子・・・。
そんな理由でしょうか?ずっと住み着いてる子は居ないのです。
でも、また新たな野良猫が迷い込んで来たり、捨てられたり。
この子達も次に帰省した時は、もう居ないかも。

811-5.jpg 

コチラは旦那さんの実家で飼われてる猫たちです。
6畳ほどの猫部屋があって、そこで飼われています。
猫部屋の小窓からドッグランならぬキャットラン(笑)へ行き来出来るようになってます。
左のテトは猫部屋での撮影。右のキキは、私が近づいたら窓からキャットランへ
逃げてしまいました^^; キャットランには囲いがされています。

811-6.jpg 

そして、モモ。
モモともお出掛けしたので、その様子はまた後日にUPしますね^^

811-7.jpg 

どういうカテゴリー分けで新潟滞在記をUPしようかな~と思ったのですが、
日にち別がいちばん良いかな?
新潟滞在記、まだまだまだまだ続きます。
今日UPしたのも、まだ1日目の朝の事だし(笑)

スポンサーサイト
|新潟 | comment(6) | trackback(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。