スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 | |
眠れない夜 リンの去勢手術

今日は(もう昨日ですが)リンの去勢手術の日でした。

6歳のリンに対して、手術を踏み切ったきっかけは
同居猫へのマウンティング行為。そして、臆病な反面
攻撃的な性格の為に度々引き起こした問題行動でした。

去勢手術は躾の一環で無い事は分かっていますが、
今の状態だとリンにもストレスが溜まるので、少しでも
ストレスが緩和される事を願って…。

今回お世話になった病院は近所の掛かりつけの病院ではなくて
ご近所のワン友さんや、地元では評判の良い遠方の病院。
家から高速を利用して1時間くらいかな?

18-1.jpg

高速を下りて、リンのトイレタイム。
今日で2回目の「おばぁちゃんの里」。この病院に来る時は、
毎回立ち寄りそうです。いわゆる道の駅みたいな施設です。

18-2.jpg

広場を散歩してると、リンは走りたくてウズウズしてる様子。
でも、麻酔もあるしね…。手術前の激しい運動は自粛しよっか。

そしてそして、病院に到着し、リンを預ける時がやって来ました。
看護師さんが、私の元からリンを手術室へと連れて行きます。
リンは何度も私の方を振り返り、時々、看護師さんが引くリードに
抵抗して私の方へ引き返そうとします。 手術室のドアの所で
最後の抵抗をして…。ドアの向こうにリンは消えて行きました。
ドアが閉まるまで、ずーっとリンの姿を目で追いました。
ドアが閉まっても…。

涙が出そうになったので(笑)私は病院を出ました。
お迎えはこの日の晩の7時。

一旦家に帰れる時間は充分にあったのですが、少し足を伸ばして
三田方面へ下道で向かいました。ウッディタウンとアウトレットと
イオンモール神戸北をブラブラして時間を潰し、また下道で病院へ。

そして、エリザベスカラーを付けたグッタリしたリンとのご対面。
看護師さんより、「麻酔をしてるので(多分、体温調節出来ないから?)
寒さ対策して下さい。」「ご飯は本人が食べたい様だったらあげて下さい」
「カラーは抜糸まで外さないで下さい」との説明。 麻酔が効いてる間に
お願いしていた歯の掃除について「あまり汚れてませんでしたよ」との事で
悩みが1つ消えました。「リンの歯は汚いのか?」といつも思ってたので(・_・;)
掃除もちゃんとしてくれた様なので、これを機に歯のケアもしていかなくては。

18-3.jpg
カラーを付けたリンを怖がるんじゃないかと思ったけど、もしかしたら
みんな心配してくれてるのかもね…。

18-4.jpg

「術後ってこんなもんだよ」って言われれば、それで安心なのですが、
リンの様子がおかしくて…。

なかなか元気になってくれないので、後遺症が残ってこのまま動けなく
なるのでは??って本気で心配しました。リンはいつも舌チロですが、
そんなレベルじゃない舌が常に出てて、顔に精気はなく…。一番焦ったのは
息が荒くなって、呼吸が早くなった時でした。本当にどうしようかと思いました。
でも、これは暖房の真ん前で横になってて熱かったのだと思います(・v・;)

18-5.jpg

リンが横になって目をつぶってると、「呼吸してるのか?」って何度も
確認したりして…、片時も目を離せない夜を過ごしています。
心配で眠れません(*>ω<)

でも深夜2時に術後初めてのオシッコをして、3時を過ぎた現在、目は
かなり力を取り戻したと思います。ボーッとはしてますが、フラつき感も
なくなり、色んな動きをする様になりました(´o`*)
これで一安心! 
(明日が休みで良かった~♪)

リンへ応援&ご心配頂いたみなさん、ありがとうございました。
多分、もう安定していくと思うので、今日の手術の報告でした。

スポンサーサイト
|去勢手術 | comment(12) | trackback(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。